坂本周子ピアノ教室ブログ

横浜市栄区にある坂本周子ピアノ教室のブログです。 レッスンや音楽に関する活動など、気の向くままに書いていきます。

横浜市栄区にある坂本周子ピアノ教室のブログです。

5月は幼稚園や学校で慣れない新しい環境を頑張っているかたがたくさんいます。


運動会の練習で疲れてるのかな…あくびが出て少し眠たげな低学年さんがいたり、はじめての部活が終わった後に少し疲れた顔で来る中学生がいたり…


高校生、大学生も新しい環境にも負けず頑張ってレッスンに通っていて本当にお疲れ様!!と言いたいです。


そんなとみんなを見ていたら益々私も頑張らなくてはと思います。


頑張ってみなさんの集中力が持つよう、楽しく為になる質のいいレッスンを提供したいです。


『今日のレッスンでまたピアノを好きになった』と1回ごとに思えるレッスンを目指して私も頑張ります。
1554176133464


『最近、勉強とか宿題に疲れたときピアノ弾いてるんですよね…』


…としみじみ、レッスンの帰り際、そんなことを口走る生徒さん。

『え??』

あなたあんまり練習好きなタイプではなかったよね?

びっくりするくらいの変化に思わず心のなかで拍手。


『ピアノ気分転換にとってもいいでしょ?』
『はい』


確かに最近はレッスンもスムーズに進むようになっているし、言ったことも伝わりやすくなっている。


まさかこんな会話が出来る日が来るなんて(・・;)
嬉しさと驚きでいっぱいになりました。


子供の成長の時期。
みんな本当に違いますが、この瞬間が面白くてたまらないです。

DSC_2591









長かった連休も明け、学校も本格的にスタートする時期ですね。

今日は楽譜を読むこと、主に新しい曲をもらった後に家での練習に関することを書こうと思います。


✳️これは小学生に向けたお話です(^o^)✳️


新しい曲を先生にもらったときはまず、どんな曲かなと興味を持ち、ひとまず音源を聴いてみたりしますよね。

そのあと、楽譜を見ながら何拍子の曲なのかなどチェックしたりしながら、実際に音を数えて弾いてみます。

ここまでは皆さん、やれているようです。


さて問題はここから。


突然わからないリズムや指使いが出てきます。
どうやるのかな????
意味がわからないし、難しそうだし『弾くのをやーめた』

…こういう思考になると、先生に全部教えてもらえばいいや…
という安易な道を選ぶようです。


でも、ここでひと踏ん張り。
ちょっと考えてください。


リズムがわからなくても、音は読めるはずです。指番号も打ってある場合にはその指で楽譜の音を取り敢えず弾いてみるのです。


そして、わからないなりにも間違ったままでいいので続けて最後まで練習することは出来ます。。
1週間それを続けてレッスンに来てみてください。


間違えていた所は、レッスンでしっかり習えばいいのです。


わからない箇所、間違ったところは喜んで教えます。


でも、1週間ほったらかしにして、その曲から逃げていた場合、レッスンに来たときに理解したり気づく事もなく何の発見もありません。


まずは自分でやれることはやる。


これが鉄則です。


今の時代、頑張るという言葉は古いのかもしれませんが是非少しだけ頑張ってみてわからないなりに最後まで弾くようにしてみてください。


その日のレッスンの内容がガラリと変わりますよ!!!(*^^*)

DSC_2633








このページのトップヘ