坂本周子ピアノ教室ブログ

横浜市栄区にある坂本周子ピアノ教室のブログです。 レッスンや音楽に関する活動など、気の向くままに書いていきます。

横浜市栄区にある坂本周子ピアノ教室のブログです。

秋晴れのなか、今日はオーディションを見学に懐かしいくにたちへ。


国立音楽大学附属中学校高等学校。


私は大学からなのでここの高校出身ではないけれどなんとなくホームな感じで落ち着けました。




DSC_0647


DSC_0634

DSC_0637

DSC_0643
なんとなく大学とも似てるような…

DSC_0642

大好きなくにたちの街並み。
いつもここに来ると懐かしさが込み上げてきます。

DSC_0651

紅葉も綺麗でした

DSC_0632

中3が長期の修学旅行を終えてレッスンに来ました。
楽しかったんだろうな(^^)

そしてひととおりレッスンを終えて、帰り際に伴奏者に決まったと報告をしてくれました。

冬の時期にも合唱コンクールを行う学校もあるんです。

うちの教室の中3男子達、昨年に引き続き今年もふたりとも伴奏者になりました。今年は中1女子も初伴奏をして賞をもらったと報告してくれましたが、みんなどんどん活躍しています。素晴らしい!!


今日報告してくれたかたは課題曲、自由曲両方やることになり結構大変そうですが、でもやりがいはあるし得るものはたくさんです。

これから、また仕上げていきましょうね(^-^)v
PSX_20191109_213643











先日知り合いのかたに
『生徒さんて男子は少ないでしょう?』
『男子に教えるの大変じゃない?』と質問されました。


そのかたも男子を持つお母さんなのでそう感じる事があるのでしょうね。


いやいや、うちの教室は男子結構います(^_^)


世間ではなんとなく、ピアノは女の子のお稽古というイメージがあるみたいですがうちは意外とそんなことありません。


私は常日頃ピアノは男性の楽器なのでは?と思ったりしていす。
こんなに大きな楽器を響かせるのはやはり大きな体に大きな手が必要だと思います。


もちろん体型だけでうまくなるわけではないですが。


男性ピアニストの体力は無限な感じがしませんか?


私も高校時代は当時の先生に音が丸くなるから太りなさいと言われ体を大きくしようとしていました。(関係ないですが(^-^;)



レッスンでは男子とも気が合うのかレッスンしていると笑ってしまうような楽しい事がたくさんあります。

男子の気持ちが全部わかる訳ではないけど子供達の気持ちに寄り添うのが得意なほうなので皆ついてきてくれるのかな…と思います。


男子であろうが女子であろうが心が通じ合っていると思っています(^-^)v


昨日は中学生男子がレッスンを終えて楽しそうにブレイブボードに乗って帰って行きました。

爽やかに走り去る後ろ姿に
『気を付けてねーーー!!』

と言ったら、曲がり角の所で

『ありがとうございましたーーーー!!』

と大きな声で返事をくれてあっという間に姿が見えなくなりました(^o^)/~~

IMG_20191106_203941






















このページのトップヘ