坂本周子ピアノ教室ブログ

横浜市栄区にある坂本周子ピアノ教室のブログです。 レッスンや音楽に関する活動など、気の向くままに書いていきます。

横浜市栄区にある坂本周子ピアノ教室のブログです。

前回の20年前の話をあと少しだけ付け足しておきます(^^)

中学校へ通いながら、家に帰って夕方からは実家で近所のお子さんや、知り合いのお子さんにピアノを教え始めていました。
当時の発表会プログラムです。

IMG_20180510_112121

一対一の個人レッスンは行き届きます。伝えたいことも個別に対応出きるし、生徒さんの反応もわかりやすく、教えるほど上達がわかる。喉を酷使することもなく私にはとても合っていました。
やはり私は『ピアノ』なんだと確信しました。


当時の小1男子のお母様とは今でも年賀状でやり取りをしていますが卒業して就職した事など報告してくれています。


新しいこの場所で教室を始め10年が経ちました。
それなりに信頼いただけるようになり、私もポリシーを持って教える事が出来ています。

これからまた皆さんがどこまで成長するのか、そしてまたこれからと新しい出会いがあるのだと思うとワクワクします。



































今年はここで教室をはじめて10年になりますが、遥か昔…20年くらい前の私は大学を卒業してすぐ中学校で音楽科の講師として働いていました。

2つの中学校を掛け持ちして午前はI中学、午後はN中学、というようなスケジュールで曜日ごとに両方を行ったり来たりバタバタと授業をしていました。
かけもちは大変だったけど、生徒達に会えるのが両校分2倍楽しく、行事も二回ずつ全く違うものを経験でき、その学校のカラーに合わせた授業計画を毎日頭の中でぐるぐると考える生活でした。

選択の授業ではI中学はギターのクラス、N中学校は合唱を教えながら、部活も手伝いました。
N中は合唱が有名な学校だったのでプレッシャーがすごく、指導に悩むこともあったと思います。

今思うと若さゆえ、パワーだけで暑苦しい授業もしていたのかな…

それでも子供達が音楽の授業が好きだと言ってくれることが嬉しくて教えること、生徒達に会うことが楽しかったのを覚えています。


それから仕事は更に増え、日によっては忙しい先生に代わり、学活にも行くことが多々ありました。給食や掃除も一緒に過ごしました。
生徒達が音楽の授業とは違う顔を見せるので密かに楽しみな時間だったのですが、中1なんて特にヤンチャ盛り大変ですよね。
だんだん私も声を必要以上に張り上げる場面が増えてくるわけです(^_^;)

そうこうするうちに少しずつ声帯が疲労していくのがわかり不安を感じる日が増えてきました。
弱い上に随分と酷使してしまったんでしょうね。

喉の疲労と共に学校で音楽を教えることは好きだけれど、やっぱり専門のピアノだけを教えたいなと思うようにもなっていくのでした。

つづく…









私はピアノを弾くには不利な小さい手をしています。
オクターブまでしか届きません。その間に音が入ると届かない和音もあります。音大時代も当時の先生に、よくそんな手でピアノ科に入れたわね、くらいの事を言われた事もあります。

ショパンの曲などこれが届けばもっと別の表現を入れられるかもしれないのに…
届く人が羨ましい!!と思うことばかり。

でもそのせいか、指使いを工夫するのが自然に好きになりました。
なので小さいお子さん達の指使いを色々なパターンで上手く表現出来る使い方を提案することが得意です。

手は大きくても小さくても様々な悩みがあるようです。
欲は尽きませんが工夫で努力でいくらでもどうにでもなるというのも事実です。

まずは傷めないように自分の手と長く付き合っていきたいものです。

IMG_20180507_155225



このページのトップヘ