昨日は久しぶりに日差しを浴びてホットしました。そしてまた雨になるとか。
なかなかしつこい梅雨。


そして教室の皆さんも今の時期は発表会の曲の暗譜もほぼ完全に出来上がって来ている時です。


でも改めて新鮮な気持ちで楽譜を見直すのはとても大切なこと。


この前レッスンの時、一度楽譜を見ながら弾いてみようと幼稚園の生徒さんの楽譜を譜面立てに置いて弾いてもらっている時の話。

当たり前の事ですがタイミングに合わせて私がサッとページをめくると『先生すごい!!譜めくり上手!!』と誉めてくれました。
お子さんの視点は面白いですね。


つい笑ってしまいました。


その年齢やその人ごとに疑問や感動するところが違うのでレッスンの時は面白い会話などたくさんあってその都度なるほどなぁと思うことがあります。



そして別の日『こんな本がありました。物凄く面白かったです。先生も読んでみてください』
と本を貸してくれた生徒さん。


10才から読めるそうで、まるで筆者がその目でクララを見てきたかのような書きっぷりが面白いそうです。


私もちょっと読んでみます(^_^)

DSC_0279