こんにちは。
坂本周子ピアノ教室のブログをご覧くださりありがとうございます(╹◡╹)

今日はじめじめとした曇り空の土曜日です。
教室の土曜日は朝から生徒さんが目白押しです。


目白押しと言っても、今はレッスンの合間を10分間空けて換気しているので、生徒さん同士がすれ違うことは一切ありません。
ご兄弟であっても必ず消毒換気を行っていますよ٩( 'ω' )و



さてこれまでペダルについてお話ししてきましたが今回で終わりです。
今日は前々回の写真にある真ん中の②のペダルについてお話しします。

ソステヌートペダルという名前のこのペダルは、言ってしまえばほぼ使いません(´⊙ω⊙`)
実は中学生がくれたペダルの質問は②についてだったのです。

しかし役割りはちゃんとあって、例えば和音を弾いた瞬間にこのペダルを踏むとその和音がダンパーペダルを踏んだ時の様に延びますが、そのペダルを踏み続けたまま他の音を弾くとなんとスタッカートでも弾けるのです。
しかもその他の音は濁りません。

ペダルを踏んだ時に弾いていた音のダンパーだけが降りなくなるという仕組みです。

私が演奏で使ったのは大学の時1回限りです。
ドビュッシーの曲でした。


なのでこれを踏むのはだいぶレアケースということです。


以上でペダルについて簡単な説明でしたがまたレッスンでは詳しく踏みかたを教えていきますよ!!


頭と足と手がこんがらがらないようにゆっくりトレーニングしていきましょう
^_^

DSC_3425