よくピアノのレッスンで、間違えずに最後まで弾けるのがよいと勘違いして練習してしまう場合があります。

これは全然方向が違うので要注意です。

もちろん間違えずに弾けるのはいいことです。

でも…


泊は数えていますか?


リズムは合っていますか?


その表現で合っていますか?

音色は綺麗ですか?


細かくいうと、スラーやスタッカートやテヌート、守れてますか?


音だけを鳴らしてませんか?


ただ指が動いて最後まで弾ければ言い訳ではないのでこれらをしっかり正しくそして美しく弾けるようにしないといけません。


大切なのはその曲にゴールがあるとして、
なるべく遠回りの練習をしないこと。


自宅でひとりで練習していると必ず遠回りをしてしまいます。
わざわざ違う方向へ進んだりします。



私はみなさんが例え遠回りをしたとしても、すぐ戻ってこれるようにレッスンしています。なので皆さんも、レッスンしたとおりにそこをなおすべく練習してきてくださいね
(^-^)/


教室のホームページです🐱


DSC_3749