少しだけ今年を振り返る🎅🏻《横浜市 栄区 坂本周子ピアノ教室》マスクの下の…😃《横浜市栄区 坂本周子ピアノ教室》

2020年12月16日

コンクールについて思うこと🎹《横浜市栄区 坂本周子ピアノ教室》

今年はベートーヴェン生誕250周年というアニバーサリーイヤーですが、
今日はベートーヴェンの誕生日です🎂🎼


私自身にとってベートーヴェンは特別な存在で、
ベートーヴェンにもコンクールにも特別な思い入れがあります。



そこで今日はお子様のコンクールについて思うことを少しだけ書きたいと思います。



⭐️コンクールと聞くとなんだか怖そう
⭐️ただ気楽に弾いていたいだけじゃダメなの?
⭐️少しだけ興味があるけど難しいのでは?
⭐️私でも出場出来るコンクールはあるのかな?


様々な考えがありますよね。


昔はピアノのコンクールと聞くと敷居が高い感じがしていたでしょうが、
実際今は軽い気持ちで色々チャレンジ出来るようになっています。

私は特にコンクール主義派というわけではありません。かといって否定派でもありません。
どちらの考えも音楽を楽しむ為には必要だと思っています。



またひとつのコンクールを乗り越えた人は間違いなくレベルアップはするので見ていて興味深いです。

無理に練習してピアノが嫌いになるのは本末転倒ですが、
出場するからには1音1音丁寧に音作りをしていかなければなりません。


それ相応の努力も、勇気も、根性もいります。
というか、コンクールに出ることでこれらのことが自然に身に付いていくのです。


結果はともかく、目標に向かって頑張るということが大切なのです。

今の時代、頑張るという言葉はちょっと…という考えもあるでしょうが、
子供は意外としっかりと頑張ることも出きるものです。


チャレンジするという事は自由な時間がたくさんある子供たちにとって、
ある種特権なのではないかとも思います。
その過程で得られるものは結果とは関係なくとても価値があるものであり、
日常生活や全ての事に繋がっていきます✨✨


興味のあるかたはご相談くださいね。


2年生。コンクールファイナルまで経験してたくさんの事を学んだようです。
12

















chikako_piano at 00:13
少しだけ今年を振り返る🎅🏻《横浜市 栄区 坂本周子ピアノ教室》マスクの下の…😃《横浜市栄区 坂本周子ピアノ教室》