思い出🌸《横浜市栄区 坂本周子ピアノ教室》入試を終えて《横浜市栄区 坂本周子ピアノ教室》

2024年02月08日

音色の作り方《横浜市栄区 坂本周子ピアノ教室》

音色という言葉には色という字があるようにひとつの音でも様々な違う雰囲気の音が出ます。
同じ音でも違う人が弾けば全く違う音になります。

ピアノは鍵盤を押せば音が出ると思っている人が多いのですが、実は鍵盤の向こうにある長い弦が響いて音を作っています。そして鍵盤の押さえ方でガラッと音色が変わったりするのであって、ただ普通に「鍵盤を押す」だけでは人の心に届く良い音は出せません。


多くの人が演奏する時にはどうしても鍵盤を触るだけで精一杯になりがちですが実はその先に深い世界があるのです。

習い始めてすぐの場合は、まず鍵盤の位置や指を動かす練習から始まりますが、年月をかけながら少しずつどうやったら様々な音色を引き出せるか、この大きな楽器を芯から鳴らせるようになるのか、深い表現力の伴った音が出せるかなどの方向を見つけ始めます。


生徒さん達は年月をかけながら少しずつそういう事を理解して演奏出来るようになっていくのです。


教室では来月に弾き合い会があります。生徒さん達は今そこに向けて真剣な眼差しで音色と向き合っています。

皆さんに音色の作り方について更に色々と教えてあげたいと思っているこの頃です。


教室ホームページはこちら
https://www.chikako-piano.com/sp/index.html

DSC_5306~2











chikako_piano at 22:30
思い出🌸《横浜市栄区 坂本周子ピアノ教室》入試を終えて《横浜市栄区 坂本周子ピアノ教室》